社会福祉法人 貝塚中央福祉会

メニュー

お問い合わせ

採用専用サイト  Web面接開始!

先輩の声

先輩からの声をお届けします!

世代を超えて意見を言える場所

小窪 麻子 先生(関目中央保育園)

DATA
入職 : 平成31年4月
保育歴 : 6年
理想の保育がここにあった
 高校生の頃、姉に子どもができ、お世話をしていく中で子どもの成長が自分を和ませてくれると気づき、保育士の道へと進みました。入職を決めたのは、「子どもが自分で考え自分で行動できる保育を目指している」と聞いたからです。例えば食事前の片付けの際に「今から片付けの時間だよ」と口に出して伝えるのではなく、保育士がエプロンとバンダナをつけることで片付けの時間だと気づき、自分から片付けていくなどです。こういう保育ができたらいいな、と思っていたことが貝塚中央福祉会ではすごく自然に実践されていて、ぜひ一緒に保育がしたいと思えました。
最初は難しさも感じましたが、先生方がやさしく指導してくださるので日に日に慣れていき、子どもたち自身が楽しそうに過ごしていることが励みになります。「先生、今からこれしていい?」ではなく、関目中央保育園の子どもたちは「今これがしたい!」と自分から発信してくれることが多く、改めてすごいと思う日々です。
働く環境にも大満足です
 できたばかりの関目中央保育園の基盤を作り上げるのが、今いる私たちの仕事です。みんなが同じ立場に立っている状況なので、自分の意見も言いやすく、とてもいい環境だと感じています。
有給休暇も「取りたい日に取ってね」と気遣ってくださったり、残って仕事をしていたら「帰ってね」とやさしく伝えてくださったり。上の立場の先生方が、きちんと一人ひとりのことを見てくださっているということが伝わります。

メッセージ

魅力的な先生方とチームで頑張りましょう
 卒業後すぐや転職したばかりだと、「まだ意見を言える立場ではない」と思われるかもしれませんが、貝塚中央福祉会は誰もが世代を超えて積極的に発信していける場です。自分もチームの一員だという自信を持って、自分の想いをどんどん発信していっていただけたらと思っています。
先生方はとてもやわらかい雰囲気をお持ちなので、疑問に思ったことを伝えたり、相談したりするときにも親身になって応えてくださいます。ぜひ安心して入ってきてください!

子どもたちの成長が
何よりも喜び!

長谷川 環 先生(関目中央保育園)

DATA
入職 : 平成31年4月
保育歴 : 11年
遊びも学びもバランスよく!
 幼稚園と保育園、どちらにも勤めた中で、私自身がもっと子どもたちと遊びたい、学びって楽しいと感じてほしいと思うようになっていました。
貝塚中央福祉会では、子どもたちの自主性を大切にして、遊びの中から創造力が広がるように、おもちゃや環境を用意しています。また、一斉保育ではなく、少人数で取り組み、子どもたちのペースで無理なく学びを進めていくことができる、ということに共感して入職を決めました。
先生方の考えや意見を尊重したい
 できたばかりの保育園なので、「みんなで作り上げていこう!」と一丸となって頑張っているところです。そんな中で、最初は登園時に泣いていた子が徐々に泣かなくなり好きな遊びを自分で見つけられるようになったり、園の屋上から電車がよく見えるので「電車! 電車!」と教えてくれたりと、成長が垣間見られるのは私たちにとって本当に喜びです。

主任という立場に立たせていただいていることもあり、先生方からアドバイスを求められることもあります。そんな時には、自分の意見を押し付けるのではなく「これはあくまでも私の考えだけど」と前置きしてアドバイスすることにしています。先生自身の考えや想いも尊重してあげたいですし、それが功を奏した時に自分の糧にもなると思うからです。

メッセージ

一緒に園を作り上げていきましょう!
 貝塚中央福祉会で提唱している“環境保育”に興味がある人や、子どもたちと楽しいことをしたい!と思っている人、ぜひ一緒に働きましょう。関目中央保育園はできたばかりなので、みんなで一緒に作り上げられる醍醐味もあります。
子どもたちと日々笑顔で過ごすためには、職員一人一人が楽しんで働くことが大事だと思っています。
学ぶだけでなく“自分ならこうしてみたい”という意見も気軽に言えるような園でありたいと考えているので、入職された際には、ぜひいろんな意見を聞かせてくださいね。

毎日がやりがいに満ちています

高橋 直美 先生(関目中央保育園)

DATA
入職 : 平成31年4月
保育歴 :24年
いちから園を作り上げる楽しさ
 母が保育士だったので、私も子どものお世話が好きで、気づけば保育士の道を歩んでいました。23年間保育士として、いろんな経験を積み、わが子も育て、今回入職を決めた最大の理由は、園の立ち上げにかかわりたかったからです。まっさらな状態の保育園をいちから作り上げていくのはとても大変ですが、その分楽しく、またやりがいもあります。子どもたちが落ち着くお昼すぎには毎日ミーティングをし、その日の伝達事項などを共有。保育に関する相談や進め方に関しては別の時間を設け、みんなで話し合っています。日々、仲間と相談しながら保育を実践していくのは、とても建設的でやりがいもたっぷりです。
環境保育のよさを改めて実感
 貝塚中央福祉会では“環境保育”を念頭に置き、子どもたち一人ひとりを担当制で見ています。担当の子が決まっていると目が届きやすいですし、誰が何をしているかも丁寧に把握できるように思います。子どもたちには「この先生ならわかってくれている」と安心感を持ってもらいやすく、子どもが自分で決めてすすんで行うことで、のびのびと成長できるのではないかと考えています。
またみんなで一生懸命行事に向けて取り組む時間があるのも、すごくいいなと思うことのひとつです。

メッセージ

安心して意見を出してもらいたいです
 主任をさせていただいているので、先生方の想いをまとめたり、新人の先生の指導をしたりするのも仕事のひとつです。指導する場合にはいろんな先生に話を聞き、自分の中できちんと消化してから伝えようと意識しています。新しい方にも安心してチームに加わってほしいです。
また、日々の保育についてはもちろん、部屋の環境はどうすべきか、子どもたちが楽しく過ごせているか、保護者に向けてはどんな対応をすべきかなど、考えるべきことはたくさんあります。世代を問わずいろんな先生方が想いを出しあって園を作り上げている途中なので、ぜひ一緒に保育を考えていきましょう。

念願の保育教諭になって、
充実した毎日です

中本 菜月 先生(たるいこども園)

DATA
入職 : 平成30年4月
保育歴 : 2年
毎日がとても
充実しています
 小さい時から妹や弟の面倒をみるのが好きでした。高校3年生になり進路を決める時に「子どもが好きだから、保育士になろう!」と決意。保育科のある短大に進学し、ここまで突き進んできました。
 まだ保育士になって半年なので戸惑うこともあります。とくに難しいと思うのは、子どもたちへの言葉がけ。どういう風に言ってあげたら伝わるのかな、と試行錯誤しながらみんなと向き合っています。
 学生時代にはいろんな人から「保育士って大変だよ」って聞いていて、少し身構えている部分もあったんですが、実際は大変さよりも子どもたちと毎日一緒に過ごせることがすごく楽しいんです。大変なだけじゃないと思えることがたくさんあって、充実した毎日を過ごしています。
初めての運動会で
感動しました
 今は先輩と一緒に5歳児の担任をしています。担任同士、保育について意見を出し合って、より良いクラス作りを目指しています。
 先日、初めて運動会を経験しました。私たちのクラスはフラフープと組体操の発表があったのですが、ほかの先生に相談するなど、試行錯誤しながらでしたが、当日は無事大成功! 子どもたちも達成感があったようで、クラスみんなで一緒に喜びました。とってもいい思い出です。
 同僚の先生たちは皆さんやさしく、また気にかけてくれるので、人間関係のストレスは全然感じていません。友人たちの話を聞く中でも、すごく恵まれた環境にいるんだなって思います。
 まだ1年目なので皆さんに頼ってしまうことばかりですが、2年後、3年後には後輩に頼られるような存在になりたいです。そのためには、今以上に先生方と積極程にコミュニケーションを取って、自分を高めていきたいです。子どもたちにとってどんな保育がいいのか、常に考えて実行する先生でいたいですね。

メッセージ

自分の目で園を見て決めるのが一番!
 これから就職される学生さんに伝えたいのは、実際に園を見学して現場の雰囲気を肌で感じてみるのが大切だということです。子どもたちにどう接しているのか、先生同士の言葉使いはどうなのか、そんな細かな部分もしっかりみてくださいね。もちろん、そういった部分でも貝塚中央福祉会は自信を持っておすすめできます!

子どもと感動を分かち合える
素敵な職場です

小山 未有 先生(まーぶるこども園)

DATA
入職 : 平成28年4月
保育歴 : 3年
子どもの発想力を
大切にする園です
 短期大学の幼児教育学科を卒業し、まーぶるこども園で働いて2年目です。「貝塚中央福祉会っていいな」と思ったきっかけは、温かみのある木のおもちゃがたくさんあったこと。積み木を使って子どもたちが作った大きな作品を片付けず、そのまま残していたのも印象的でした。というのも、タワーを作っていたと思ったら横にはお城ができていたり、さらにトンネルが付け加えられたりと、どんどん発展していくからです。子どもたちの発想を大切にしている園なんだと、すごく感動しました。
 また、「共に学び共に育み共に分かち合う」という基本理念にも共感しました。0歳から5歳まで受け持ちのクラスは分かれているけれど、園全体が一つのチームとして保育をしていくという考え方はとても素敵だと思います。
常により良い保育を
意識しています
 学生時代は、毎日子どもたちと遊んだり関わったりするのが楽しそうというイメージでしたが、働くとなったら当然楽しいだけではないし、悩むこともたくさんあります。でも悩めば悩むだけ自分のスキルアップに繋がるし、ベテランの先生方も親身になって「こうしてみたら?」ってアドバイスをくださるので、安心です。
 毎日お昼に5分間のミーティングをして、その日あった小さな出来事もみんなで共有しています。また、ひとつのテーマについてチームでとことん話し合い、最終的に職員会議でプレゼンテーションすることもあります。より良い保育をするためにどうしたらいいか、常にみんなが意識している環境なので、「私も頑張ろう!」って自然に思えます。やりがいを感じるのは、行事が無事に終わった時です。クラスのみんなで力を合わせて取り組んだ出し物が成功した時は、「頑張ったねー!」「みんな良かったよ!」って子どもたちと一緒に喜びあって、とても幸せです。

メッセージ

一緒に成長しましょう。安心して飛び込んできて!
 1年目は慣れるのに必死で、周りを見れていないことも多々あったんですが、今は少しずつ全体が見えるようになってきたと思います。自分の理想とする“子どもの気持ちに寄り添う先生”になれるように、これからもずっと保育士を続けていきたいです。
 保育士は、子どもたちの成長に長い時間寄り添える、とっても素敵なお仕事。子どもたちと一緒に自分も成長できます。悩み事があれば相談にのってくれる仲間もたくさんいるので、安心して飛び込んできてください!

先生同士で声をかけあって、
抜群のチームワーク

今村 明日香 先生(貝塚中央こども園)

DATA
入職 : 平成26年4月
保育歴 : 6年
子どもたちって
こんなカッコいいんだ!
 就職について考え始めた頃、学校の先生から貝塚中央福祉会をすすめられてセミナーに行ったんです。その後、園見学をした時に、運動会の練習をしていた子どもたちがすごくカッコよくて、子どもってこんなことまでできるんだと驚きと同時に感動したんです。ここなら頑張れると思って面接を受けました。実際に働いてみないと何もわからないし、働く場所がどこであろうとやるかやらないかは自分次第なので、他の園は検討しませんでした。今、とても充実して楽しく働いているので、よかったなと思います。
 「保育士は3年で辞める人が多い」とよく聞きます。でも1年2年と働いて3年目でようやく保育に対する考え方がまとまってきました。そんな時に辞めてしまうのはすごくもったいないし、5年目を迎えた今も学ぶことや、やりたいことがたくさんあります。
気軽に声をかけ合えるから安心
 先生たちの年齢層は幅広いですが、とても仲が良いと思います。同じクラスの先生とじっくり相談するのはもちろんですが、隣のクラスの先生と積極的にコミュニケーションをとることも心がけています。ベテランの先生だけじゃなくて後輩の先生にも意見を聞きますし、声かけが気軽にできる関係がとてもいいと感じています。
 みなさんとてもあたたかいし、そうありたいと心がけておられる先生も多いんじゃないかな。仕事をしていく上ですごく助かっていることです。

メッセージ

子どもの笑顔を見れば、元気になれる
 毎日登園の際に泣いていた子が、ある日「先生おはよう!」って笑顔で来てくれたり、保護者の方に「先生がいるから園に行くって言ったんですよ」と言っていただけたりすると、うれしくて原動力になります。
 もちろん責任ある仕事で、大変なことも山ほどあるし、軽い気持ちではできないとも思います。でも、子どもたちが少しずつ成長したり変化したりする姿を近くで感じられるのは本当に喜び。好きなことを仕事にできるってとっても素敵なことだし、子どもの笑顔を見れば元気になれる。今まで辞めたいと思ったことは一度もない素敵な職場なので、就職を考えている人は、ぜひ仲間に加わってほしいと思います。

働くママにやさしい、
あたたかい職場です

井上 記世子 先生(東山こども園)

DATA
入職 : 平成16年4月
保育歴 : 17年
風通しがよく、チームワークがいい職場でありたい。
 私は小さい頃、幼稚園になかなか行けなくていつも玄関で泣いている子でした。担任の先生が気を配ってくれて、ようやく行けるようになったんです。そんな先生のやさしさにすごく憧れて「先生みたいになりたい!」と。そこから夢は変わらず、学校を卒業して貝塚中央福祉会に就職しました。
 最初は、行事を進めるにあたって、どうしたらいいんだろうと思うこともありましたが、ベテランの先生に教わりながら進めることができました。風通しのいい職場なので、なんでも相談できるのがありがたいです。
 今は15年目で、後輩の指導もする立場。指導するだけではなく、後輩からも学ばせてもらうところもあります。みんなが情報を共有したり、人の意思を聞いたりして、うまくチームワークがとれる職場だなと思っています。
育児休暇を3度とって、仕事を続けています
 私自身、小学校4年生、1年生、2歳の3姉妹の子育て中で、それぞれ育児休暇をしっかりいただいて復帰しています。いない間にクラスの状況が変わることもあるので、復帰するのは正直すごく不安でした。でも、すぐに感覚は戻りますし、子どもの笑顔を見たら「よし、また頑張ろう」って思える素敵な仕事だと思っています。
 貝塚中央福祉会は7時から19時のローテーション勤務ですが、子どもが3歳になるまでは短時間勤務や定時勤務が認められています。保育士が、結婚して子どもを育てながらでも仕事を続けていけるように、との思いで作られた勤務形態で、実際にとても助かっています。
 自分の子どもが病気になった時など、早退したい時にはみなさん快く対応してくださるのもうれしいです。

メッセージ

チャレンジする気持ちが大切
 後輩からも先輩からも頼ってもらえる存在でありたいと思っています。そのためには、研修にも積極的に参加していきたいです。子どもたちに対しても、いつも笑顔で接してあげたい。やさしいのはもちろん時には厳しくもあり、「先生!」って頼ってもらえるような人が目標です。
  “子どもが好き”という気持ちはもちろん大切ですが、それだけではやっていけないこともある職業。だからこそ、どんなことでもやってやろう、吸収しよう、と思える心をもつことはとっても大事だと思うんです。子どもたちは一人ひとり違う個性をもっていて、どんなベテラン先生であっても困ることはたくさんあります。でも、園ではみんなが一つのチーム。周りがしっかりサポートしてくれるので、若い人は臆せずにどんどんチャレンジしてほしいと思います。

希望を聞いてもらえる勤務
体系で働きやすいです

田中 千穂 先生(貝塚中央こども園)

DATA
入職 : 平成15年4月、平成27年4月
保育歴 : 11年
出産で退職し、
復帰して4年経ちました
 6年間貝塚中央こども園で働き、出産を機に退職しました。数年経って子育てが落ち着き、何か仕事を始めようと思った時に、すごくいいタイミングで園長先生に声をかけていただきました。いろんな経験をさせてもらった園ですし、知っている先生もおられるということで、喜んで復帰しました。
 現在は非常勤という形で、私は9時15分から16時までの定時勤務です。「今のままでいいですか?」と意見を聞いてもらえます。勤務時間は一律で決まっているわけではなくて、もっと長く働きたかったり朝早いほうがよかったりなど、個人の希望を聞いてもらえるので、私を含め家庭を持つ先生はすごく助かっていると思います。
子育ての経験を生かして、
保育に携わっています
 今は0歳児のクラスを受け持っています。担当保育で、ご飯から排泄まですべて密に関わっています。0歳児は言葉で表現することができないので、何を求めているのかをわかってあげないといけません。その点は私自身が子育て中なので、少しは余裕をもって子どもと接し、気持ちを察してあげられていると思います。
 0〜2歳児までは、大きい子たちのように運動会で演技をするということはないのですが、発表会でどんなことができるようになったのか、保護者に見ていただく機会があります。みんなとってもかわいくて、私自身が癒やされています(笑)。子どもの成長にとってとても大事な時期に預からせてもらっているので、「田中先生がいたら安心できる」と思ってもらえることが目標。仕事はとても楽しいので、ずっと続けていきたいと思っています。

メッセージ

みんなで環境保育に取り組んでいます
 先生方はとてもあたたかくてやさしい人ばかりなので、つい甘えてしまい、反省することもしばしば。園で取り組んでいる“環境保育”に関しても、まだまだ勉強中です。でも先輩たちに「なんでも相談してね」と言ってもらえるのが心強くて頼もしいです。園では年齢や立場は関係なくいろんなことが話せるし、そういう和やかな雰囲気だと知っていたから復帰を決めました。楽しく仕事ができる園だと思いますし、新しい仲間も大歓迎です。
CONTENTS
私たちの考え OUR POLICY
先輩の声 VOICE
募集要項 RECRUITMENT